2009-10

天園ハイキング - 2009.10.28 Wed


透き通る秋の高い空、バスは鎌倉湖畔を過ぎ、緩やかに上って行きます。
夏の司書補講習で知り合った久我山さん、池上さん、小竹さんと一緒に
北鎌倉在住の北鎌倉さん案内で天園ハイキングコースをさらっと歩く一日。
北鎌倉さん宅でお昼をごちそうになり、デザートに久我山さんお手製
パンナコッタを頂き、さて出掛けますかと、
kamakura.jpg

小竹さんはロングスカートにヒールの高いロングブーツで挑みます。
北鎌倉さんと愛犬を先頭に閑静な住宅街をしばらく行くと、
道端にひょいっと「天園ハイキングコース」の看板があり、
そのうしろには雑木林と山道がつづいています。
暑いくらいの日射しとアスファルトから、木々に蔽われ、
土や落ち葉の柔らかい地面を踏みしめるのは心地好く、日常の町並みから
見えない境界線をまたぎ、あっと云う間、山のなかに放り込まれたようです。
わずかな木漏れ日が眩しいくらい鬱蒼とした木立の風は清々しく、
海寄りの我が町とは全く別の空気に包まれています。
小竹さんは木の根っこが波打っている上り下りも、岩の段々も、ヒールで
ひょいひょいと歩きます。おとぎ話で森のなかを彷徨っているお姫様のように。
すれ違うおじさんに「大丈夫かい?」なんて声を掛けられながら。
ほどなくして、天園展望台に到着。鎌倉市街と相模湾が一望でき、
逗子寄りにある灯台のような焼却炉の白い煙突も小さく見えます。
手前のごく近くには瓦屋根の一群、建長寺の半僧坊か?
帰りはなかなかの険しい道、皆で息を切らし岩や幹につかまりながら下り、
簡単な土留めで作られた土階段を降りると、芝生だけの広場に放り出され、
隅の方ではお父さんと小さな男の子がボールを蹴って遊んでいます。
そうしてまた普通の住宅街にもどってきました。
kamakurakado.jpg

北鎌倉さんと別れ、4人は明月院まえを通り、こちらもかなり急勾配な坂を
下っていきます。沖縄生まれ都会暮らしの池上さんは、草花虫鳥、蜘蛛の巣
、トンビの声、あちこちに“わあー”と目を見張っています。
北鎌倉駅まで久我山さん、池上さん、小竹さんを見送ったあと

海蔵寺に寄り道しながら歩いて帰りました。kamakuratera.jpg

翌日は風が強く、町中が波音に覆われています。
雲の光り輝くかたちに惹かれ、風が止みはじめた夕暮れ、
日が沈むまで海岸を歩きつづけました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

間・Kosumi

Author:間・Kosumi
東京・東中野のギャラリー「間・Kosumi」のお知らせや過去の展覧会情報を掲載しております

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する