FC2ブログ
.

間・Kosumi常設展示展覧会講座ニュース店舗案内リンク


詩のそばで逍遙している

窓のまえに据えた机で作業をしている。
陽射しが 暖かい。

IMG_20190409_163219.jpg

干した傘に 桜の花片がひとつ ついていた。
台湾栗鼠が 屋根や枝や露台を 駆け抜ける。

作業の合間にひじきを煮、図書館で借りた本を読む。
『いつもそばに本が』(田辺聖子たち73人・著/首藤幹夫・撮影/ワイズ出版・刊)
物書き絵描き役者らが自身の読書体験を語る、新聞に連載されていたものをまとめた一冊。

モノクロームの写真には 書物に埋もれた寝床から半身を起こし
笑顔のほっぺたがぷっくらとして艶々しい吉本隆明
若いころに出逢った 宮沢賢治や高村光太郎の詩について言葉を紡ぐ。

いまでも 詩の周辺で思い惑っている自分が
はじめて手にした詩集は中学生の時、親にねだった『智惠子抄』で
教科書で読んだのか? 「あどけない話」や「レモン哀歌」と、
気を病んだ智惠子さんの切り絵が強く重く残り、夕食後に両親の仕事場へ顔を出してお願いした。
ちいさくて安価な文庫判を想像していたら
龍星閣版の凾入り朱色のクロス張りに金の箔押しが出入りの本屋さんから届き、驚いた記憶
表紙を繰ると 智惠子さんの切り絵が広がり 活版印刷で黒く大きく
がっしりと刻印された文字が 肌色の紙に きちっと並んでいた。

fuji194b.jpg

光太郎と智惠子の 力強く 繊細で 真っ直ぐな情感が その装幀 造本にあらわれている
海がわの書架で しずかに ひかりを湛え すっくと立つ背表紙はいまも美しい。

fuji194a.jpg
自分と外界とをつなぐ窓から顔を出し 風に目を洗い 深く息をする
櫻若葉の間に在る 明日は 雨らしい。














2月映画

低い雲と凍りつくような空気のなか、見あげるとそこだけ ほの明るい 枝には梅のつぼみ。
大船駅下車、
松竹大船撮影所跡に出来た鎌倉女子大学図書館ホールへ。
児童文学者、角野栄子さんの鎌倉市市民栄誉賞表彰を記念する映画会。

桃色のニットワンピースを着た角野さんがふんわりとあらわれ、
ご自身の創作のはじまりや、上映される映画について話してくださる。
映画がはじまる前の休憩時間に、ホールわきに展示されている大船撮影所の歴史や
ゆかりの監督、俳優のパネル写真、古き良き時代の空気を眺める。

映画は実写版『魔女の宅急便』
キキはほうきに乗ってどんなふうに飛ぶのか、黒猫のジジは? なんて
気になっていたのに見逃してしまった作品
席のほとんどが年配のご婦人で、みなさん笑ったりおしゃべりしたり
リビングで見ているような、くつろいだ雰囲気。
上映後、となりの席のおばあさんからお礼を云われ
とっさに、「あ、どうも」と返事をする。
楽しい時間を一緒に過ごした「ありがとう」なのかな?

昨年、個展のオープニング・パーティで演奏をしてくださった
バンドネオン奏者の小川紀美代さんからお知らせが届き、戸塚へ。

  アルゼンチン・タンゴのマエストロ、アニバル・トロイロのドキュメント映画
           『Pichuco』と、バンドネオン演奏のプログラム
     fujika2.jpg

日本では、一般の映画館では上映せずに、
日本語字幕を担当した小川さんのバンドネオン演奏とセットでの上映権だそう。
タンゴを聴く客席にもご高齢のかたが多い。

貧しい生活で育ったトロイロは、独学でバンドネオンを弾く。
音響の良いホールで、トロイロ楽団のゆったりとした旋律がこころ好い。

こちらも見はぐってしまった映画『モリのいる場所』
画家・熊谷守一と奥さん、ふたりを取り巻く人々、
庭といきもの、守一の日常を描く。
サラサラと風が抜ける夏の庭は、葉山町堀内で撮影された。
川喜多映画記念館で上映すると知り、チケット発売初日に求める。

曇天の朝、寒くて眠くてボーッとしながら川喜多さんちの黒板塀をくぐる。
名を呼ばれ顔を上げると、二階堂のAtelier Kika店主、麻里子さん。
近所のガラス作家「まりちゃんも来ているよ」と。

       fujika1.jpg  
                          川喜多家別邸

               おもてに出ると冷えた空気はそのまま、空には雲の蓋。
                     庭には梅と河津桜が咲いていた。

モリのようにじっと何かを見詰め、観察し、凝縮していくのを待っている
二月は そんな時間だった。




冬の味など

       
夜気が冷たい帰り道、
裏駅の御成通りは人影もまばらで、ほとんどのお店がお仕舞い
海からの風音だけが聞こえる。
灯りが煌々と点っている間口の広い店先に惹かれ、
歩調をゆるめ 紹興酒の甕やら大小の酒瓶 調味料などを眺める。
軒のはしに酒粕の袋が積まれた箱が目にとまり、求める。
IMG_20181216_205007.jpg
御成通りにある高崎屋本店は
「NO LIQUOR, NO LIFE !」なんてTシャツを作ったり
お店の横っちょには角打ちがあったり、商品には濃やかな手書きの
説明が添えられていて家業を楽しんでいる様子が伝わる、酒屋さん。
レジを打つおじさんは大事そうに、こわれものを取り扱うように
「新米が獲れるのを待って作った新酒の搾りたてだからね、柔らかいからね、
焼いて食べるのはむずかしいけど、お味噌汁とか甘酒とか
春鹿の純米大吟醸から取った酒粕だから香りが良いよ、美味しいよぉ、
レシピ入れときますね」と、レジを打つあいだもずっと商品説明、
期待は高まり好い買い物をした気分になる。

        KIMG1346.jpg
年内の作品展が ひと段落ついたので、台所に立ち 作りおきのおかずを作る。
酒粕の袋に添えられたレシピには
“味噌6、酒粕4の割合で味つけをして味噌入り粕汁もおすすめです”と。
いつもより味噌を少なめにした味噌汁に酒粕を入れ、
美瑛の叔父から届いたかぼちゃ、にんじん、大根、ごぼうをつかい
一汁三菜の昼食とする。
滋味深くまろやかな粕汁に、温まる。

  これに気をよくして後日、高崎屋本店で今度は春鹿の屠蘇酒を求め、
  実家への手土産とする。
  いわゆる屠蘇散の入った「お屠蘇」を飲んだことがないので、ごちらも楽しみ。

  IMG_20181220_164623.jpg
   今年も二階堂にあるアトリエ・キカでのクリスマス・ギフト展に参加
   させて頂いた。
   陽射しの暖かな日、歩いて搬出に出掛ける。
   店主の麻里子さんからパティスリーRのリーフパイを頂く。
   おままごとみたいに リーフパイと 市場の平井君から求めた
   金柑をならべておやつに。

        IMG_20181219_173554.jpg
             
           静かに 穏やかに 12月が 暮れていく




 | HOME |  »次のページ

Categories

Appendix

間・Kosumi

間・Kosumi

東京・東中野のギャラリー「間・Kosumi」のお知らせや過去の展覧会情報を掲載しております

 

FC2Ad