FC2ブログ
.

間・Kosumi常設展示展覧会講座ニュース店舗案内リンク


港風 島波

この暑さは、夏の名残なのか?
札幌のいとこが遊びに来たので、石川町駅で待ちあわせ
母と三人で元町商店街を歩き 外人墓地の坂をのぼり
横浜気象台を見あげながら 港の見える丘公園へ。
   fujie7.jpg


ローズガーデンの草花は台風一過の影響か? 
この日も熱風熱波で疲れた様子
朝、髪をセットしてきたばかりなのに、と云いながら 強風にあおられ
「もう、わやだー(滅茶苦茶だー)」と いとこは笑う。
港を見おろす 神奈川近代文学館の西巻茅子展へ ふたりを連れて行く。

共働きの両親から ほんとうに 沢山の本をもらった。
西巻茅子さんの絵本に あれも これも 知ってる、知ってる と。

   fujic.png

そんななか、『えのすきなねこさん』(童心社)は、
自分はもう高校生で、絵本などもう見向きもしない頃に出たおはなし。
解説には、お父様が絵描きで その姿に敬意を込めて描いたと。
絵本のなかの ねこさんは
「えなんて なんの やくにも たたないねえ。」
と云われながらも絵を描きつづける。
のどの奥、重く苦しくかたまりのようなものがこみ上げてくる。
後日、図書館で『えのすきなねこさん』を借り、
さいごの頁、満ち足りた顔のねこさんに、安堵する。

早起きをして、
図書館仕事の先輩に教えて頂いた「トンボロ
(陸繋砂州・島と陸をつなぐ砂のたかまり)」
と云う現象を見に江ノ電で出掛ける。
1910fujia.jpg

江の島で昼間にトンボロが見られるのは、春から夏の時期に潮がよく引く大潮前後と 
江の島駅からお店が開くまえの“すばな通り(州鼻とは州の先っちょ”の意か?)を歩き、
東浜海岸におりると もう随分と潮が引き 砂浜が広く 波打ち際が 遠い
fujib.jpg
ふだんは海に架かる 江の島大橋を右に見あげながら 平らかな濡れた砂を歩く。

風 ゆったり おだやかな 水ぎわ 貝殻や陶片を拾い江の島へ。
ひと気のない砂州を往復し からだいっぱいに潮風
自室にもどり 惚けたまま 制作のつづきをする。

fujid.jpg


ふじくらみほ作品展 “星の汀に” 10月17日~29日まで
さいたま市大宮区 ギャラリー・カフェ彩喜にて。


 

重陽と台風

残暑がきびしい。
図書館仕事に行くと、先輩方が声を掛けてくださる。
暑いね、大丈夫? と。

アパートの外廊下に、猫の糞がつづく。
エアコンのない自室、きつい臭いに玄関扉を開けられない今夏、途方に暮れる。

猫に罪はない。

階下の住人はペット禁止の集合住宅で猫を飼い、野良猫に餌をやり、
自分が不在の日中は猫を外に出す。
部屋を出された猫は、アパートの周りで一日を過ごす。

江ノ電線路脇の不動産屋に苦情を告げると、階下の住人が猫を飼っていると。
知っているのに何もしない怠慢に憤りを感じた。

夜になって、台風15号が雨風を伴い渦を巻く。

慕っていた伯父の初七日が過ぎた。
近しい人のため東奔西走し、ストレスなんてないと云う二代目羊飼いだった伯父

伯父貴は こんなとき どうするのかな? と胸に問う。

もやもやしたとき 台所に立って 食べたい物をあれこれ思案し、手を動かす。
手先が器用で料理上手、初代羊飼いの祖父を想い包丁を使う。
あすは重陽
8月の終わり 北海道で羊飼いを隠退した祖父は
大輪の黄色や白い菊の花を咲かせ、品評会に臨む。

黄菊の酢の物を初めて口にしたのは、学生時代のアルバイト先、上野のちゃんこ料理屋で。
ちゃんこ鍋 治部煮 あわびの刺身 松茸ご飯 アメ横裏のキムチ漬
母の知らない美味しいものは ここの賄いで教わった。

雨風の音を聴きながら、汗をかきかき きつね煮麺を作る。
手製の出汁に 甘めの味を付け 油揚げも野菜も一緒くたに煮る。

麺をすすり、ふうふう云いながら 汗と懸念も一緒に流す。

















詩のそばで逍遙している

窓のまえに据えた机で作業をしている。
陽射しが 暖かい。

IMG_20190409_163219.jpg

干した傘に 桜の花片がひとつ ついていた。
台湾栗鼠が 屋根や枝や露台を 駆け抜ける。

作業の合間にひじきを煮、図書館で借りた本を読む。
『いつもそばに本が』(田辺聖子たち73人・著/首藤幹夫・撮影/ワイズ出版・刊)
物書き絵描き役者らが自身の読書体験を語る、新聞に連載されていたものをまとめた一冊。

モノクロームの写真には 書物に埋もれた寝床から半身を起こし
笑顔のほっぺたがぷっくらとして艶々しい吉本隆明
若いころに出逢った 宮沢賢治や高村光太郎の詩について言葉を紡ぐ。

いまでも 詩の周辺で思い惑っている自分が
はじめて手にした詩集は中学生の時、親にねだった『智惠子抄』で
教科書で読んだのか? 「あどけない話」や「レモン哀歌」と、
気を病んだ智惠子さんの切り絵が強く重く残り、夕食後に両親の仕事場へ顔を出してお願いした。
ちいさくて安価な文庫判を想像していたら
龍星閣版の凾入り朱色のクロス張りに金の箔押しが出入りの本屋さんから届き、驚いた記憶
表紙を繰ると 智惠子さんの切り絵が広がり 活版印刷で黒く大きく
がっしりと刻印された文字が 肌色の紙に きちっと並んでいた。

fuji194b.jpg

光太郎と智惠子の 力強く 繊細で 真っ直ぐな情感が その装幀 造本にあらわれている
海がわの書架で しずかに ひかりを湛え すっくと立つ背表紙はいまも美しい。

fuji194a.jpg
自分と外界とをつなぐ窓から顔を出し 風に目を洗い 深く息をする
櫻若葉の間に在る 明日は 雨らしい。














 | HOME |  »次のページ

Categories

Appendix

間・Kosumi

間・Kosumi

東京・東中野のギャラリー「間・Kosumi」のお知らせや過去の展覧会情報を掲載しております