FC2ブログ
.

間・Kosumi常設展示展覧会講座ニュース店舗案内リンク


冬の味など

       
夜気が冷たい帰り道、
裏駅の御成通りは人影もまばらで、ほとんどのお店がお仕舞い
海からの風音だけが聞こえる。
灯りが煌々と点っている間口の広い店先に惹かれ、
歩調をゆるめ 紹興酒の甕やら大小の酒瓶 調味料などを眺める。
軒のはしに酒粕の袋が積まれた箱が目にとまり、求める。
IMG_20181216_205007.jpg
御成通りにある高崎屋本店は
「NO LIQUOR, NO LIFE !」なんてTシャツを作ったり
お店の横っちょには角打ちがあったり、商品には濃やかな手書きの
説明が添えられていて家業を楽しんでいる様子が伝わる、酒屋さん。
レジを打つおじさんは大事そうに、こわれものを取り扱うように
「新米が獲れるのを待って作った新酒の搾りたてだからね、柔らかいからね、
焼いて食べるのはむずかしいけど、お味噌汁とか甘酒とか
春鹿の純米大吟醸から取った酒粕だから香りが良いよ、美味しいよぉ、
レシピ入れときますね」と、レジを打つあいだもずっと商品説明、
期待は高まり好い買い物をした気分になる。

        KIMG1346.jpg
年内の作品展が ひと段落ついたので、台所に立ち 作りおきのおかずを作る。
酒粕の袋に添えられたレシピには
“味噌6、酒粕4の割合で味つけをして味噌入り粕汁もおすすめです”と。
いつもより味噌を少なめにした味噌汁に酒粕を入れ、
美瑛の叔父から届いたかぼちゃ、にんじん、大根、ごぼうをつかい
一汁三菜の昼食とする。
滋味深くまろやかな粕汁に、温まる。

  これに気をよくして後日、高崎屋本店で今度は春鹿の屠蘇酒を求め、
  実家への手土産とする。
  いわゆる屠蘇散の入った「お屠蘇」を飲んだことがないので、ごちらも楽しみ。

  IMG_20181220_164623.jpg
   今年も二階堂にあるアトリエ・キカでのクリスマス・ギフト展に参加
   させて頂いた。
   陽射しの暖かな日、歩いて搬出に出掛ける。
   店主の麻里子さんからパティスリーRのリーフパイを頂く。
   おままごとみたいに リーフパイと 市場の平井君から求めた
   金柑をならべておやつに。

        IMG_20181219_173554.jpg
             
           静かに 穏やかに 12月が 暮れていく




水の音、葉叢の虹


長い夏の第二章がはじまった。
ラジオでは“危険な暑さなので、エアコンを適切に使用してください”と云う。
エアコンの無い自室では窓を開け放ち、扇風機がフル回転している。

朝からの熱波、布団とキュウリをベランダに干し、
新しいビーサンを買いに。
元居候先のかあちゃん運転で、夏休みの子ども達(オトとコウ)と葉山は長柄の「げんべい」へ。
あれこれ迷い いままで履いたことのない色あわせを選び、車は近くの森戸川へ向かった。

            fuji88b.jpg
        10度は違うかな。 涼しい風と青いにおい 土はやわらかく
        川の流れは心好く 油蝉ミンミン蝉ひぐらしとうぐいす その他鳥風草木の重奏
        オトとコウは 夢中になってちいさな魚と海老を獲っている。
      fuji88c.jpg
     仕舞いにはふたりとも川の深いところへ入り、へそまで濡らし、
     なんだかんだ云って とても楽しそう。
        
          fuji88d.jpg
         夕方、空の色が不思議な感じで、部屋中がセピア色に染まる。
『羊と鋼の森』(宮下奈都/文藝春秋)を読み返しながら、物語のなかの調律師、柳さんに倣い
手で割った半熟ゆで卵に粗塩とオリーヴオイルをかけて頬張る。
もうひとりの調律師、板鳥さんは原民喜の言葉を引いて理想とする音を表していると。
 “明るく静かに澄んでいて懐かしい文体、
 少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、
 夢のように美しいが現実のようにたしかな文体”

暑さにかまけてぐずぐずと過ごす夏休みは これで お仕舞い。
描きたい絵が 掴まえた色が 降り積もる言葉が かたちが 背中のうしろで待っている。

夏味

この7月も 二階堂のAtelier Kikaで
ガラス作家アキノヨーコさんとの作品展をさせていただいた。
       
Patisserie Rの玲子さんが作る、会期中特製のお菓子は
イタリアの“カッサータ”、アキノさんのうつわにメレンゲの白鳥が。

               fuji1873.jpg

玲子さん曰く、「白鳥はふじちゃん(わたくし)のイメージ」だそうで、???が頭上湖面にぷかぷか浮かぶ。

すでに汗だくの朝、
電話に出ると、お祭りの笛太鼓が大音量で鳴り、「いま 北鎌」と東京の友人から。
北鎌倉の御菓子司こまき の水羊羮を手土産に作品展に来てくれた。

『作家のおやつ』(コロナ・ブックス編集部/平凡社)のなかに

この店の菓子“苔清水”のすがたが美しく、あこがれていた。
        fuji1875.jpg

川端康成は「こまき」の水羊羮をことのほか好んだと云う。
瑞々しくきりりと角の立った薄墨色は、涼やかな風をまとい
舌のうえでとけていく。
さらりとした甘味がのどを通り腑に落ちる。

  fuji1872.jpg

この夏初、市場で求めた水茄子を糠漬けに。
糠床から出したての鮮やかな茄子紺は、あっと云う間にその彩度を失ってしまう。急げ。
かじるとパリッと皮が弾けて甘みが広がる。
練り芥子をつけて噛みしめる。

Atelier Kikaの麻里子さんはお料理のセンスも絶妙で、
食いしん坊のわたくしの顔を見ると、「これ、食べる?」と いろいろ ちょこちょこ出してくれる。
トマトとルビーグレープフルーツのサラダ、ひじきとアボカドのサラダ、いただきもののチョコパン、
(お弁当のおかずにと)ひじきの煮物、幼なじみの神主さんが持ってきたお供え餅(夏祭り用?)、“クルミッ子”の切り落とし、スイカ、冬瓜、ベルグフェルドのパン…

去年の搬入時、おにぎりを頬張っていると、セロリの味噌汁を出してくれて、初めての味。
今では自分でも作る定番の具になった。

鰹のサクを厚く切り分け、半分はお刺身で晩酌のお伴に、もう半分は
頂いた冬瓜と玉葱人参セロリなどと一緒にスープ煮にして。
「はい」と手渡された、かぼちゃサラダと朝食にいただく。
          fuji1871.jpg

夏生まれの所為か、花火やお祭り、夏に美味しい夏にしか食べられないものが特に好きだ。

頂いたアレコレで気合いを入れ、猛暑の日盛り、由比ヶ浜から二階堂まで歩いて通った。

 | HOME |  »次のページ

Categories

Appendix

間・Kosumi

間・Kosumi

東京・東中野のギャラリー「間・Kosumi」のお知らせや過去の展覧会情報を掲載しております

 

FC2Ad