FC2ブログ
.

間・Kosumi常設展示展覧会講座ニュース店舗案内リンク


桜満開

         164sakura1.jpg
         東中野の桜も昨日で満開です、すでに7本が伐採され枝も落とされて、
         少し寂しい並木になりましたが、桜が咲くと何故か嬉しい、
朝から桜を見ながらそぞろ歩く人も多く、日本人は桜に格別の思いを
         抱いている民族なのだとつくづく思います。

164sakura2.jpg
撮り鉄と言われる方々が、朝早くから 電車と桜を撮りに来ていました。

164sakura5.jpg 
伐採予定の9本の桜のうち、何故か先に伐られた
1本の桜の姿が痛々しいのですが、元気に伸びてきた細い枝には 
青々とした若い葉が繁っています、なぜ先に伐採されたのか不思議です。          
          164sakura4jpg.jpg

          伐られた断面は瑞々しく、幹も細くて
          とても老木には見えません。                                     
   
                                              



東中野の桜並木

144sakura.jpg
             東中野のJR線路沿いの桜並木です。

60年ほど前に地域の人たちによって植えられた
近隣の人たちには、かけがえがない大切な桜並木です。
ところが桜の開花が待たれるこの時期に、9本の桜を伐採するという寝耳に水のような
事が起きました。
理由は老木になって危険だということですが、よりにもよって 多くの人が花が開くのを
楽しみにしているこの時期に伐採って!!!喧嘩売ってんの
区民が植えて大切に見守ってきた桜を、中野区が説明もなくいきなり9本伐採する
売られた喧嘩は買おうじゃないの、というわけで「東中野の桜並木を守る会」が発足しました。
確かに60年たった桜は老木です、本当に危険な木を伐採するな!とは言いません。
しかし老木になった桜は、近い将来にすべて伐採され、菜の花が咲く土手はコンクリートで
固められ、なんとも殺罰とした風景になってしまう事でしょう。
なくなってしまってから、あの桜並木がどれほど大切なものだったか気がついても間に合いません。
やむなく伐採したあとには、新たに植樹をしてこの並木を未來に残してほしいのです、
「東中野の桜並木を守る会」はそのために、今できることを模索しながら進めています。
お問い合せは 3360-0206迄

山手通り

yamatedouri 008 1362yamate.jpg
左は平成16年山手通り拡幅工事が終わり歩道が整備されたころの写真です。
右は平成25年現在、10年たてば樹木も大きく育つだろうとずいぶん遠い
未来のように思っていたのですが、すでに9年になります。
欅はまだ大木とはとても呼べませんが、こぶしやハナミズキと共に育って
青々と繁っています。
また10年たてば欅は大木になるでしょうが
その頃には私は・・・考えないことにします。




 | HOME |  »次のページ

Categories

Appendix

間・Kosumi

間・Kosumi

東京・東中野のギャラリー「間・Kosumi」のお知らせや過去の展覧会情報を掲載しております

 

FC2Ad