2017-05

快晴の Kocari展 - 2017.05.21 Sun

今日も快晴!Kocari 展2日めです。

    image4
            
         image3
                  カラフルなインドの色たち 今日の空によく似あいます。

          image1.jpg
               暑くなるこれからの季節、薄手のショールは必需品ですね。
                    
             image2
           image5
             服もアクセサリーも身に着けるだけでで元気になれそう!!!

今日から営業 - 2017.05.06 Sat

5月3・4・5日はお休みでしたが、今日から営業しています。
連休の間のお天気が最高によくて、空も澄んでいてまさに五月晴れ
きっと明日も連休日和でしょう、
連休最終日をどうぞ楽しんでください。


さくら、春雨 - 2017.05.03 Wed

やっと桜が咲いたのに、雨や強風曇りが多くてハラハラする。
毎年4月の土日に「春の施設公開」があり、
雨が途切れた曇天、傘も持たずに自室を飛びだす。
昨年、すべての桜を植え替え、歩道と石垣も新調した段葛。
若木が満開。
わき道から大佛次郎茶亭へ。
fujiosaragi830.jpg
かやぶき屋根の平屋は、鎌倉市の景観重要建築物に指定されていて、
普段は黒板塀の透き間から、お庭をちらちら覗いたりしていた。
この茶亭は大佛次郎さんの書斎として、また文士の交流の場として使われていたと。
硝子ケースには遺品が並べられ、庭先から覗く。
fujiosaragi540.jpg

室内では高校生がお抹茶を点て振る舞う(三百円)。
通常の公開日ではお庭で野点、建物内にははいれないとのこと。
「きょうは雨なので特別に(お茶のかただけ)」と風致保存会のかたが説明してくださる。
雨が強く降りだし、ツアー客がドッとやって来たので移動。
こちらも長年気になっていた、旧華頂宮邸へ。
竹寺でおなじみ、観光客でごった返す報国寺を過ぎ、
眼鏡にかかる水滴を拭きふき歩き進む。
昭和4年、華頂博信公爵邸として建てられた洋館は、
fujiosaragi885.jpg

こちらも市の景観重要建築物に指定され、春秋のみの公開。
古いたてものが好きで、やっと念願叶った思い。
ドアノブ、壁紙、照明など手当たり次第カメラに収める。
お庭だけは月火以外の平日と土日に見学ができるとのこと。
もう少ししたら薔薇が見頃になるのかな。
帰りには、道すがら気になっていた杉本寺へ。
fujiosaragi547.jpg

鎌倉最古のお寺で、観音さまが祀ってある。
芸事の神さま、弁天さまも祀ってあり、手を合わせる。
傍らにはちいさな池。
雨粒と桜の花片が舞う。

fujiosaragi833.jpg

桜空 からだのなかを雨風花が吹き抜け 清々しい



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

間・Kosumi

Author:間・Kosumi
東京・東中野のギャラリー「間・Kosumi」のお知らせや過去の展覧会情報を掲載しております

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する